手頃な掛金で生命保障に入りたい方や、「がん」の保障がほしい方におすすめの2つのプラン

《あいぷらす》

《あいぷらす》満18歳~満60歳の方が加入できるプラン

加入できる 年齢/性別 満18歳~満60歳(発効日の年齢)の女性・男性
共済期間 10年間
※健康状態に関わらず満85歳まで継続できる所定のコースがあります。
満85歳まで継続するためには満70歳で契約を更新または更改する必要があります(共済期間15年)。満期時にお手続きされなかった場合、更新時年齢が満70歳までの方は満期を迎えるコースと同じ保障内容で自動更新されます(詳しくは満期時にご案内します)。
掛金 加入時より10年間同じ掛金
※満期時に契約を更新、もしくは共済期間内で契約を更改する場合はそのときの年齢の掛金になります。

掛金・保障内容を見る

最高3,000万円の生命保障 10年間変わらない掛金

加入時より10年間は掛金が変わりません。
だから、10年ごとのライフステージに合わせて、その時に必要な保障を見直すことができます
手ごろな掛金で最高3,000万円の生命保障をつけることもできます。

30歳男性の10年ごとの保障見直し例

※10年後、同じ保障内容で継続する場合、掛金は上がります。
※満70歳でお手続きいただくと、共済期間15年となり、満85歳まで保障を続けることができます。
 その場合の共済掛金は、満70歳時点の金額に変更になりますのでご注意ください。

 

入院特約で入院・手術の保障もご用意

入院1日目から保障します。手術を受けた場合の保障があります。

入院1日目からの
保障
で、
短期入院も安心です。

入院の約7割が14日以内なので、1日目から保障されるものが安心です。

※病院での一般病床の退院患者の在院期間の割合
出典:厚生労働省「患者調査」(平成29年)

新がん特約でがん治療を手厚くサポート!

がん治療共済金を、2年に1回を限度に何度でもお受け取りいただけます。

治療に専念するための費用をしっかり確保できるがん治療共済金
健康保険の使用できない先進医療にかかる費用や、その他の保険外診療など様々な 出費に役立ちます。

※1回目は、がんと診断確定した場合に支払います。
 2回目は、がんと診断確定された日から2年経過以降にがんによる入院をした場合に支払います。支払回数に制限はありません。



がんで入院すると、
こんな費用が
かかります・・・

入院やくすりなど色々かかるのだ。

がん治療共済金でがん治療を
手厚くサポートします!

がんで入院したら日額10,000円。しかも日数無制限。

がんの入院は長びいたり、再入院の可能性もあります。そんな入院も「日数無制限」でしっかりサポート。

主ながんの平均入院日数

がんでの入院は年々短期化していますが、中には長期入院が必要なものもあります。

病名 平均入院日数
白血病 36.3
胃がん 19.2
乳がん 11.5

※厚生労働省「患者調査」(平成29年)

退院後の"通院"も保障します。

通院しながらがんの治療を受ける人は年々増えています。
退院後の経過観察や検査もサポートします。

※5日以上連続した入院の退院後180日以内の通院。1入院につき30日分まで。
 全共済期間(契約を更新・更改した場合を含みます)通算して1,000日が限度です。

がんの保障はたいせつなのだ。

 

生命保障に入院特約か新がん特約、またはどちらも付帯することができます。

※入院特約・新がん特約は単独ではご加入いただけません。生命保障と組み合わせてご加入ください。
※がんの特約は重複してご加入いただけません。

掛金・保障内容

手頃な掛金で死亡・重度障害を保障。保障は300万円からお選びいただけます。
死亡・重度障害
(病気・事故)
300万円 / 500万円 / 1,000万円 / 1,500万円 / 2,000万円 / 2,500万円 / 3,000万円

※重度障害とは労働者災害補償保険法施行規則の障害等級表の1級、2級、3級の②③④の状態。

入院1日目からしっかりカバー。
入院時の日額5,000円か10,000円のどちらか1つお選びください。
病気入院・事故(ケガ)入院
(1日目から180日分)(注1)
日額 5,000円
長期入院
270日以上連続した入院
30万円
手術
(共済事業規約に定める支払対象手術を受けた場合)
手術の内容により金額が変わります
5・10・20万円
入院1日目からしっかりカバー。
入院時の日額5,000円か10,000円のどちらか1つお選びください。
病気入院・事故(ケガ)入院
(1日目から180日分)(注1)
日額 10,000円
長期入院
270日以上連続した入院
60万円
手術
(共済事業規約に定める支払対象手術を受けた場合)
手術の内容により金額が変わります
10・20・40万円

(注1)病気入院、事故(ケガ)入院それぞれ全共済期間(契約を更新・更改した場合を含みます)通算して1,000日が限度です。
発効日から保障が開始します。ただし、事故(ケガ)に関する共済金は、申込日の翌日以降に発生する事故(ケガ)によるものから保障の対象となります。
(注)共済金のお支払いは発効日以降となります。

がん治療共済金などで手厚くサポート。
がん治療共済金を100万円か200万円のどちらか1つお選びください。
がん治療共済金
2年に1回を限度として何度でも(注1)
100万円
がん入院共済金
1日目からの支払い、日数無制限
日額10,000円
がん手術共済金
(共済事業規約に定める支払対象手術を受けた場合)
手術の内容により金額が変わります
10・20・40万円
がん退院共済金(注2) 10万円
がん通院共済金(注3) 日額5,000円
がん治療共済金などで手厚くサポート。
がん治療共済金を100万円か200万円のどちらか1つお選びください。
がん治療共済金
2年に1回を限度として何度でも(注1)
200万円
がん入院共済金
1日目からの支払い、日数無制限
日額10,000円
がん手術共済金
(共済事業規約に定める支払対象手術を受けた場合)
手術の内容により金額が変わります
10・20・40万円
がん退院共済金(注2) 10万円
がん通院共済金(注3) 日額5,000円

※2013年9月1日以前に発効した「がん特約」とは異なります。重複して加入することはできません。
※新がん特約で保障する病気は、医師により病理組織学的所見で診断確定された「悪性新生物」および「上皮内新生物」に限ります。
※新がん特約の「責任開始日」は、申込日から91日目、または発効日のいずれか遅い日となります。
(注1)1回目は、がんと診断確定した場合に支払います。2回目は、がんと診断確定された日から2年経過以降にがんによる入院をした場合に支払います。支払回数に制限はありません。
(注2)20日以上連続した入院をして無事退院した場合。退院後180日以内の再入院にはがん退院共済金はお支払いしません。
(注3)5日以上連続した入院の退院後180日以内の通院。1入院につき30日分まで。全共済期間(契約を更新・更改した場合を含みます)通算して1,000日が限度です。
※満60歳の方はがん治療共済金50万円・100万円・200万円付がん特約からお選びいただけます。

手術共済金のお支払い条件

手術の内容によってはお支払いできない場合があります。

支払対象外手術の例

傷病の治療を直接の目的としない手術(視力矯正術(レーシック)、インプラントなど)、皮膚切開・縫合術、デブリードマン、非観血的手術、子宮内膜掻爬術(がん、または流産による場合を除く)、抜歯、輸血など

同日に複数の手術をされた場合は、1回分(手術共済金の高い手術)をお支払いします。

 

新がん特約について

「申込日から91日目」または「《あいぷらす》の契約が発効する日」のいずれか遅い方の日を「責任開始日」とし、この日から新がん特約の保障を開始します。

責任開始日より前に「悪性新生物」と診断確定された場合(契約者または被共済者がその事実を知らない場合も含みます)は、新がん特約は無効になり、新がん特約の共済金をお受け取りいただけません。
※申込日・・・生協が加入申込書を受け付けした日(郵送の場合は消印日、消印がない場合は到着日)

 

お支払いいただく掛金

《あいぷらす》満60歳~満70歳の方が加入できるプラン

加入できる 年齢/性別 満60歳~満70歳(発効日の年齢)の女性・男性
共済期間

満60歳~満69歳(発効日の年齢)/10年間

満70歳(発効日の年齢)/15年間

(※)健康状態に関わらず満85歳まで継続できる所定のコースがあります。
満85歳まで継続するためには満70歳で契約を更新または更改する必要があります(共済期間15年)。満期時にお手続きされなかった場合、更新時年齢が満70歳までの方は満期を迎えるコースと同じ保障内容で自動更新されます(詳しくは満期時にご案内します)。

掛金

満60歳~満69歳(発効日の年齢)/加入時より10年間同じ掛金(※1)

満70歳(発効日の年齢)/加入時より15年間同じ掛金

(※1)満期時に契約を更新、もしくは共済期間内で契約を更改する場合はそのときの年齢の掛金になります。

掛金・保障内容を見る

 

満70歳(発効日の年齢)までご加入できます!

最長満85歳まで保障が続き、60歳以降でも病気や事故に備えやすい!

※満85歳まで継続するためには満70歳で契約を更新または更改する必要があります(共済期間15年)。
詳しくは満期時にご案内します。

健康状態に関わらず満85歳まで
継続できる所定のコースもあります!

入院特約で入院・手術の保障もご用意

入院1日目から保障します。手術を受けた場合の保障があります。

入院1日目からの
保障
で、
短期入院も安心です。

入院の約7割が14日以内なので、1日目から保障されるものが安心です。

※病院での一般病床の退院患者の在院期間の割合
出典:厚生労働省「患者調査」(平成29年)

新がん特約でがん治療を手厚くサポート!

がん治療共済金を、2年に1回を限度に何度でもお受け取りいただけます。

治療に専念するためのがん治療共済金の保障。

治療に専念するための費用をしっかり確保できるがん治療共済金50万円。 健康保険の使用できない先進医療にかかる費用や、その他の保険外診療など様々な 出費に役立ちます。

※1回目は、がんと診断確定した場合に支払います。  
 2回目は、がんと診断確定された日から2年経過以降にがんによる入院をした場合に支払います。支払回数に制限はありません。



がんで入院すると、
こんな費用が
かかります・・・

入院やくすりなど色々かかるのだ。

がん治療共済金でがん治療を
手厚くサポートします!

がんで入院したら日額5,000円。しかも日数無制限。

がんの入院は長びいたり、再入院の可能性もあります。そんな入院も「日数無制限」でしっかりサポート。

主ながんの平均入院日数

がんでの入院は年々短期化していますが、中には長期入院が必要なものもあります。

病名 平均入院日数
白血病 36.3
胃がん 19.2
乳がん 11.5

※厚生労働省「患者調査」(平成29年)

退院後の"通院"も保障します。

通院しながらがんの治療を受ける人は年々増えています。
退院後の経過観察や検査もサポートします。

※5日以上連続した入院の退院後180日以内の通院。1入院につき30日分まで。
全共済期間(契約を更新・更改した場合を含みます)通算して1,000日が限度です。

がんの保障はたいせつなのだ。

 

生命保障に入院特約か新がん特約、またはどちらも付帯することができます。

※入院特約・新がん特約は単独ではご加入いただけません。生命保障と組み合わせてご加入ください。
※がんの特約は重複してご加入いただけません。

掛金・保障内容

死亡・重度障害を保障。保障は100万円からお選びいただけます。
死亡・重度障害 (病気・事故) 100万円 / 300万円 / 500万円

※重度障害とは労働者災害補償保険法施行規則の障害等級表の1級、2級、3級の②③④の状態。
※満60歳の方は生命保障1,000万円・1,500万円・2,000万円・2,500万円・3,000万円もお選びいただけます。

入院1日目からしっかりカバー。
入院時の日額3,000円・5,000円・10,000円のいずれか1つお選びください。
病気入院・事故(ケガ)入院
(1日目から180日分)(注1)
日額 3,000円
長期入院
270日以上連続した入院
18万円
手術
(共済事業規約に定める支払対象手術を受けた場合)
手術の内容により金額が変わります
3・6・12万円
入院1日目からしっかりカバー。
入院時の日額3,000円・5,000円・10,000円のいずれか1つお選びください。
病気入院・事故(ケガ)入院
(1日目から180日分)(注1)
日額 5,000円
長期入院
270日以上連続した入院
30万円
手術
(共済事業規約に定める支払対象手術を受けた場合)
手術の内容により金額が変わります
5・10・20万円
入院1日目からしっかりカバー。
入院時の日額3,000円・5,000円・10,000円のいずれか1つお選びください。
病気入院・事故(ケガ)入院
(1日目から180日分)(注1)
日額 10,000円
長期入院
270日以上連続した入院
60万円
手術
(共済事業規約に定める支払対象手術を受けた場合)
手術の内容により金額が変わります
10・20・40万円

(注1)病気入院、事故(ケガ)入院それぞれ全共済期間(契約を更新・更改した場合を含みます)通算して1,000日が限度です。
発効日から保障が開始します。ただし、事故(ケガ)に関する共済金は、申込日の翌日以降に発生する事故(ケガ)によるものから保障の対象となります。
(注)共済金のお支払いは発効日以降となります。

がん治療共済金などで手厚くサポート。
がん治療共済金
2年に1回を限度として何度でも(注1)
50万円
がん入院共済金
1日目からの支払い、日数無制限
日額5,000円
がん手術共済金
(共済事業規約に定める支払対象手術を受けた場合)
手術の内容により金額が変わります
5・10・20万円
がん退院共済金
(注2)
5万円
がん通院共済金
(注3)
日額2,500円

※2013年9月1日以前に発効した「がん特約」とは異なります。重複して加入することはできません。
※新がん特約で保障する病気は、医師により病理組織学的所見で診断確定された「悪性新生物」および「上皮内新生物」に限ります。
※新がん特約の「責任開始日」は、申込日から91日目、または発効日のいずれか遅い日となります。
(注1)1回目は、がんと診断確定した場合に支払います。2回目は、がんと診断確定された日から2年経過以降にがんによる入院をした場合に支払います。支払回数に制限はありません。
(注2)20日以上連続した入院をして無事退院した場合。退院後180日以内の再入院にはがん退院共済金はお支払いしません。
(注3)5日以上連続した入院の退院後180日以内の通院。1入院につき30日分まで。全共済期間(契約を更新・更改した場合を含みます)通算して1,000日が限度です。
※満60歳の方はがん治療共済金50万円・100万円・200万円付がん特約からお選びいただけます。

手術共済金のお支払い条件

手術の内容によってはお支払いできない場合があります。

支払対象外手術の例

傷病の治療を直接の目的としない手術(視力矯正術(レーシック)、インプラントなど)、皮膚切開・縫合術、デブリードマン、非観血的手術、子宮内膜掻爬術(がん、または流産による場合を除く)、抜歯、輸血など

同日に複数の手術をされた場合は、1回分(手術共済金の高い手術)をお支払いします。

 

新がん特約について

「申込日から91日目」または「《あいぷらす》の契約が発効する日」のいずれか遅い方の日を「責任開始日」とし、この日から新がん特約の保障を開始します。

責任開始日より前に「悪性新生物」と診断確定された場合(契約者または被共済者がその事実を知らない場合も含みます)は、新がん特約は無効になり、新がん特約の共済金をお受け取りいただけません。
※申込日・・・生協が加入申込書を受け付けした日(郵送の場合は消印日、消印がない場合は到着日)

 

お支払いいただく掛金

満60歳~満70歳男性・女性の掛金一覧

 

CO・OP共済への加入はこちら

まだ組合員でない方も、CO・OP共済の加入お申し込みと同時に、生協の加入手続きができます。

資料請求

CO・OP共済<新規申込/ご相談>窓口について

市民共済では、本部窓口・各拠点お客様窓口で新規申込/ご相談を承っております。
CO・OP共済についてのお問い合わせ、見直し相談等お気軽にお立ち寄りください。

CO・OP共済に関するお問い合わせは
大阪市民共済

0120-866-844 
受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせ

WEBお申込み

資料請求