火災共済

入っていて良かった。住まいを守る大きく確かな保障

万が一、ご自宅が火災にあった時の備えは万全ですか?少ない掛金で大きな保障が受けられる市民共済の火災共済事業では、最高保障額も6,000万円と、大きな保障で安心です。加入限度額は建物の延床面積により異なりますが、備えあれば憂いなしの気持ちでぜひご加入ください。

1. 様々な住まいタイプを保障します

皆さまのお住まいの建物や家財など大切な財産が、万一の火災などによる災害にあったとき、共済金をお支払いします。 最高保障額も6,000万円までと充実しています。

持家
(自分の家に住んでいる)
借家
(住居を借りている)
貸家
(住居を貸している)

建物・家財にご契約いただけます

家財にご契約いただけます

建物にご契約いただけます

契約口数・共済金額の最高限度 詳しくはこちら

2. 予期できない事故にも幅広くカバーします

火災共済がカバーする保障の範囲は幅広く、火災、落雷、自動車の飛び込み、水漏れ、 航空機の墜落、破裂・爆発による事故が発生し、ご契約の建物・家財に損害があったとき、共済金をお支払いします。

保障対象

火災
火の不始末や類焼、消火時の水破損による損害
破裂・爆発
気体や薬品等の急激な膨張による破裂・爆発による損害
落雷
落雷による電化製品等の損害
自動車の飛び込み
車やバイクの衝突による損害
航空機の墜落
航空機、航空機の部品等の落下物による損害
保険対象 水漏れ(耐火造専用住宅のみ)
自然現象に伴うものを除き、不測かつ突発的な事故による損害

3. 再取得価額で保障!

保障内容

万一、火災などで損害を受けた場合、建物・家財古い新しい関係なく契約金額を限度として、当組合が定める標準的な再取得価額で再築または取得できる保障が受けられます。[共済目的の価額(当組合の加入限度額)の70%以上のご加入の場合]
※共済目的の価額(当組合の加入限度額)の70%未満のご加入の場合は、加入割合に応じてお支払することになります。

 

シミュレーションで確認!

4. 事故後にかかる諸費用も保障します

各種の費用共済金は、契約金額を超えてもお支払いいたします。

事故によって日常生活の支出が増えてしまった!

臨時費用共済金

共済事故が発生し、火災等共済金をお支払する場合に、その金額の10%に相当する額を自動的にお支払いします。ただし、1共済事故あたり100万円を限度とします。

事故によってゴミの処分費用や後片づけ費用がかかってしまった!

残存物取片づけ費用共済金

共済事故が発生し、火災等共済金をお支払いする場合に、その金額の6%に相当する額を自動的にお支払いします。ただし、1共済事故あたり100万円を限度とします。

自室から出火し、隣家に損害を与えてしまった!

失火見舞費用共済金

火災、破裂・爆発の発生により、他人の所有物に損害を与え、見舞金を支払った場合に、その支払った額をお支払いします。ただし、1共済事故あたり150万円又は、共済金額の20%のいずれか少ない額とします。

借りている家や部屋の建物に損害を与えてしまった!

修理費用共済金

火災、破裂・爆発、漏水事故の発生により、借家、借間に居住する契約者が建物に損害を与え、自己の費用で修復を行った場合に、その支払った額をお支払いします。
ただし、1共済事故あたり150万円又は、共済金額の20%のいずれか少ない額とします。

自室からの水漏れで階下に居住している方の所有物に損害を与えてしまった!

漏水見舞費用共済金

耐火造専用住宅に居住する契約者が漏水事故により他人の所有物に損害を与え、見舞金を支払った場合に、その支払った額をお支払いします。
ただし、1共済事故あたり150万円又は、共済金額の20%のいずれか少ない額とします。

5. ご契約時の注意事項

幅広く保障される火災共済をご利用いただくにあたって、共済の対象にならない事故や共済金がお支払いできない事故、ご契約の対象にならないものがありますので、ご確認ください。また共済期間、共済金のお支払いについても、再度ご確認のうえお申し込みください。

ご注意:1

共済金が支払えない事故

・共済契約者の故意または重大な過失及び共済契約者と同一世帯に属する者の故意によって生じた損害
・戦争その他の変乱によって生じた災害
・地震または噴火もしくはこれらによる津波によって生じた損害
(これらの事由によって発生した火災等の事故が延焼又は拡大して生じた損害及び発生原因のいかんを問わず火災等の事故がこれらの事由によって延焼又は拡大して生じた損害を含みます。)

ご注意:2

ご契約の対象とならないもの

ご契約の対象とならないもの
・建物・・・非合法の建物、防火上きわめて危険と見られる建物など
・家財・・・通貨、有価証券、貴金属、宝石、書画、彫刻物、家畜、自動車、商品など

ご注意:3

共済期間

共済期間は、共済契約の申し込みをした日(共済掛金の払い込みがあった日)の翌月1日から1年間です。ただし、契約申込日の翌日からその月の末日までに発生した事故は共済の対象となります。

※火災共済の重要事項の説明

ご契約に際して特にご確認いただきたい重要な事項を「契約概要」にまた、特にご注意いただきたい事項を「注意喚起情報」を下記のPDFに記載しています。ご契約される前に必ずお読みいただき、内容をご確認のうえ、お申込みいただきますようお願いします。

重要事項の説明(PDF)