火災掛金シミュレーション

あなたの家の場合はいくら?共済金・年額掛金を簡単に算出。

火災共済では、建物の構造・用途と床面積により、加入限度額と年額掛金が決まります。ここでは、実際にあなたが加入できる火災共済の共済金額(保障額)の最高限度と、その場合に必要な年額掛金がいくらになるか、簡単に算出できますので、一度トライしてみてください。持家の場合は建物と家財に、借家の場合は家財に、貸家の場合は建物に対してご加入いただけます。

所有区分

所有区分 もっぱら居住の目的で使用する耐火造の建物
(公営住宅等集合住宅を含む)
もっぱら居住の目的で使用する木造の建物
主として居住を目的とする他、商店(事務所を含む)として使用する建物
主として居住を目的とする他、作業場として使用する建物
もっぱら居住の目的で特に複数の世帯が区分毎に使用する木造の建物
耐火造とは?

(1) 耐火造とは…次のア又はイのいずれかに該当するもの。
ア 建物の主要構造物のうち、柱、はり及び床がコンクリート造又は鉄骨を耐火被覆したもので組み立てられ、屋根、小屋組及び外壁のすべてが不燃材で造られたもの
イ 外壁のすべてがコンクリート造、コンクリートブロック造、レンガ造又は石造の建物
(2) 木造とは…上記耐火造以外の建物

延床面積[3] 建物1坪(3.3屐砲△燭蠅硫弾基準を70万円として
下記算式により算出した金額を標準加入額とします。
標準加入額 = 延床面積(坪)× 70万円
世帯人数[4] 世帯人数1人あたり、標準加入額を400万円とします。

 

結果は下の表をご覧ください。

ご加入いただける共済金額(保障額)の最高限度と、
その場合に必要な年額掛金は次のとおりです。

1口(10万円保障)あたり年額掛金
項目 共済金額(保障額)の最高限度 年額掛金
建物 万円
家財 万円
合計 万円

算出した共済金・年額掛金を印刷される方は
右のボタンをクリックし、新たに表示されるウインドウを印刷してください。